スタッフブログ スタッフ上田の独り言

僕が考えるマネジメントについて①

皆さんこんにちは
ステイアップ横浜の上田です。
 
世の中、テレワーク、テレワークって叫ばれており多くの組織がテレワークに切り替えているように見えますが、実際は全体の30%にも満たないらしく、経団連の会員企業でも実質実施割合が52.4%という数値だそうです。
 
テレワークを実施できている組織の方々は、大きな変化の中で戸惑いながら、考え、 工夫し、現実と向き合いながら仕事されているのだと思います。
 
テレワークが出来ない組織の社員や職員さんたちは、きっと不安になりながらも、 社会の為に日々頑張っています。
 
特に、最前線で働いている医療従事者のみなさまには、 敬意を表し感謝の気持ちしかありません。
 
感謝は、心で思うだけではなく、言葉で伝えるのではなく、テレワークでも現場でも仕事のスピード、質を落とすどころか逆に上げる気持ちで挑むこと。
 
それが、今僕にできる感謝ではないかと思います。
 
では、話は本題に!!
 
最近、「マネジメントはどうしているの?」という問い合わせをいくつかもらっているので、今回は「僕が考えるマネジメントについて」述べていきます。
 
ちなみに僕はマネジメントが正直得意ではありません。日々試行錯誤を繰り返し自問自答しています。
 
その結果かどうか分かりませんが、不思議なことに社員は辞めないですし、労務問題もほとんどありません。参考程度に読んでください。
 

そもそもマネジメントって

 
「マネジメント」と言う言葉で、1番最初に思いつくのが「管理」でしょう。
 
マネジメントとは部下、後輩をいかにして管理するか
マネジメントとはチームをいかにまとめるか
 
こう思っている人が少なからずいると思います。
 
マネジメントを辞書を引くと、「経営」、「管理」と出てきます。あながち間違ってないですね。
 
ちなみにマネジメントの神様と言われる P・F・ドラッガー 先生は「マネジメント」は、「組織に成果をあげさせるための道具、機能、機関」とおっしゃっています。
 
ドラッカー先生の「マネジメント」についてもうちょい深く掘り下げます、
 
マネジメントの目的
・個人、社会、組織を幸せにするために個人と組織の力を生かし、価値(成果)の提供をチームで行うこと
・成果とは利益を最大化することではない、お客様を満足させることだ
 
マネジメントの役割
・自らの組織に特有の使命を果たす
・仕事を通じて働く人たちを生かす
・社会の問題に貢献する
 
この目的と役割を果たすために何をしなければならないか、続きは、「マネジメント 上田惇生編訳」を読んでくださいね。



「無関心」は一番の罪

 
さて、ここで少し僕の考えを書きますね。
 
前回のブログでは、人の幸せについてお話をしました。どんな組織においても、そこには人がいて、個々でその時々の欲求が違い、組織は、それらを満たすことが求められます。
 
先ほどご紹介した本「マネジメント 上田惇生編訳」の170ページ「真の管理とは何か」にも同じようなことが書かれています。
 
チームはメンバーの「短期的幸福」「長期的幸福」を満たさなければいけない。(「短期的幸福」と「長期的幸福」については前回のブログを読んでくださいね。)
 
しかし、欲求を満たせないチームが多々あるのも事実です。その一つの要因がメンバーに対しての「無関心」だと思います。
 
無関心という言葉からは、誰もが与えられて嬉しい「思いやり」「やさしさ」は一切伝わってこない。
 
その「無関心」という行動をもって「マネジメント」を行うことは、不可能であり、ドラッカーの言っているマネジメントの「目的」、「役割」は果たせません。
 
つい先日のことですが、STAYUP横浜のオープニングセレモニーの際に基調講演をしてくれた成澤俊輔さんが遊びに来てくれました。
 
成澤さんのプロフィールはこちら☟
https://www.kouenirai.com/profile/4793
 
現在、成澤さんは数十社の顧問(社外取締役)を務めているのですが、今回の新型コロナウイルス騒動により「社員の成長が実感できた」と言っている顧問先が多いそうです。
 
誰も経験したことが無いウイルス騒動で、経営陣が戸惑い悩んでいる姿を見て、社員が「同じ人間なんだ」「困っているから助けよう」と思い頑張ってくれていると、、、
 
人に弱みや悩んでいる姿を見せるのも社員の成長につながる、まさしく「マネジメント」のいい例ではないかと思います。
 
そして何よりも自分のことだけではなく、メンバーに対して「関心」があります。メンバーに対して「思いやり」「やさしさ」があります。
 
社員の成長を感じることができる組織や会社は、今後発展していくのではと思ってしまいます。
 
次回の「僕が考えるマネジメントについて②」では、僕のマネジメント手法について書いていこうと思います。



■STAYUP横浜■

住所:〒221-0052 神奈川県横浜市神奈川区栄町5-1 横浜クリエーションスクエア14F

電話番号:0120-881-778

アクセス:横浜駅きた東口より徒歩6分

有人営業:月-金 8:30-18:00

無人営業:土日祝

サービス例:Wi-Fi無料/全席電源有/フリードリンク


メールでのお問い合わせはこちらから


お電話でのお問い合わせも受け付けております。

お急ぎの場合はお電話の方がスムーズにご案内できます。

-スタッフブログ, スタッフ上田の独り言

© 2022 コワーキングスペース・シェアオフィスのSTAYUP | 開放感抜群のデザイナーズオフィス