スタッフブログ スタッフ上田の独り言

自己肯定感について①

こんにちはステイアップの上田です。
 
今回は前回の、僕が考えるマネジメント3の中で「今やるべき事」として述べた、
 
「とことんまで見つめ直す」
 
見つめ直すことが重要だとは誰もが思っていると思います。見つめ直した結果、多くが自責化されるのも大切だということも分かっています。でもなかなかできる事ではありません。
 
「とことんまで見つめ直す」為には「自己肯定感」がある程度高くないと見つめ直すことはできないんです。
 
ちなみに日本人の4人中3人は自己肯定感が低いと言われています。
 
ということで、今回は「自己肯定感」について僕の考えを書いていきたいと思います。
 

自己肯定感って?

 
「自己肯定感って何?」って考えた際によく聞くのが、、、「自分を好きになる感覚」と思いがちかもしれませんが、ちょっと違います。
 
自己肯定感とは、ありのままの自分を客観的に見つめ、受け入れる感覚のことをいいます。
 
自己肯定感が高いと「客観的に物事を判断する」能力が高くなるのでビジネス上でも大変役に立ちます。
 
ちなみに、、、自己肯定感が高まると自分の価値がどの程度か分かってきます。しかし、極度に「自分はかっこいい(素敵)」「自分は何も悪くない」と考えてしまうケースもちらほら見受けます。そういった感覚のことを僕は「自己勘違感」「自己正当化感」と呼んでいます。皆さんも注意しましょう。
 
また、誰でも落ち込んだりすることがあるので、自己肯定感は日によって高かったり、低かったりします。常時、客観的に見つめられる人が自己肯定感が高い人ということになります。
 
そんな自己肯定感ですが、
・自尊感情⇒自分には価値がある
・自己受容感⇒自分をそのまま受け入れる
・自己信頼感⇒自分を信じることができる
・自己効力感⇒自分はできると思える
・自己有用感⇒人の為になっている
・自己決定感⇒自分がコントールしている
 
以上の感覚で構成されていると言われています。
 

自己肯定感が高い人、低い人の特徴

 
次に自己肯定感が高い人の特徴と低い人の特徴を述べていきたいと思います。
 
自己肯定感が高い人
・努力を惜しまない
・他人のアドバイスや意見を素直に受け入れる
・他人と自分をあまり比較しない
・自分のダメなところを理解しつつも自分が好き
・失敗することよりも挑戦することが大切と考える
 
自己肯定感が低い人
・努力する前に言い訳をする
・他人のアドバイスを素直に受け入れられない
・夢がない
・他人と自分をすぐに比較する
・自分が好きではない
 
以上のようなことが挙げられます。
 
また、先にも述べましたが、その時の感情により高くなったり低くなったりします。並べて見てみると自己肯定感が高いほうが幸せでいられるように感じるのは僕だけではないでしょう
 

自己肯定感を高めるために

 
ここからは自己肯定感の高め方のファーストステップを紹介します。
 
まずは、最初にやらなくてはならないこと
 
自分を好きになる努力
をしてください。
 
「何故自分を好きにならないといけないのか」についてここから説明していきます。
 
大学で学生たちには、「恋人関係」を事例としてあげています。
 
恋人ができ、最初は幸福感で満たされていると思いますが、すぐ、「良いところ」もあれば「悪いところ」も見えてきます。「悪いところ」がちょっと見えたから、すぐ別れると言う人はまぁ置いといて、多くの人は「悪いところ」が見えたとき、別れることなく「悪いところ(弱い部分)」を助けてあげる、「注意(改善するよう言い続ける)」してあげるのではないでしょうか。
 
また、恋人関係ではない、どちらかというと嫌いな人の「良いところ」が見えたとしてもよっぽどでない限りその人のことを好きになることはありません。逆に悪いところに目が行きがちです。逆に、そもそもが「嫌い」だと良いところも低く見てしまう傾向があります。
 
自分に対しても同じです。
 
自分のことが好きだと自分の「悪いところ」も受け入れられます。自分のことが嫌いだと自分の「良いところ」も受け入れられません。
 
だからまずは、自分を好きになることが大切です。
 
次回は自分のことが好きになる方法を書きたいと思います。



■STAYUP横浜■

住所:〒221-0052 神奈川県横浜市神奈川区栄町5-1 横浜クリエーションスクエア14F

電話番号:0120-881-778

アクセス:横浜駅きた東口より徒歩6分

有人営業:月-金 8:30-18:00

無人営業:土日祝

サービス例:Wi-Fi無料/全席電源有/フリードリンク


メールでのお問い合わせはこちらから


お電話でのお問い合わせも受け付けております。

お急ぎの場合はお電話の方がスムーズにご案内できます。

-スタッフブログ, スタッフ上田の独り言

© 2022 コワーキングスペース・シェアオフィスのSTAYUP | 開放感抜群のデザイナーズオフィス