Blog新着情報

スタッフブログ 2020.07.02

報・連・相について②

こんにちはSTAYUP横浜の上田です。

 

前回に引き続き今回も
「報・連・相」について
書いていきます。

 

ブログの為に色々と調べたのですが、本当に「報・連・相」は奥が深いですね。

 

前回のブログの最後に、
“「報・連・相」は必ず人と人が関わる”
と書きましたが、調べれば調べるほど
“「報・連・相」により、人と人が「密」にもなるし「離」にもなる。”
ということが分かり、メチャメチャ組織にとって重要なものと認識させられました。

 

と、いうことで今回は
「報・連・相」ができない理由
を書いていきます。

 

メリットだらけで誰もが必要と思っている「報・連・相」が、なぜ機能しないのか。

 

「報・連・相」が機能しないのは、伝える側、伝えられる側、双方に問題があります。

 

伝える側
⇒分かりやすいように今後は「部下・後輩」と表現します。
伝えられる側
⇒こちらも分かりやすいように今後は「上司・先輩」と表現します。

 

に分けて書いていきます^^

 

報・連・相ができない理由(部下・後輩の問題)

 

まずは、伝える側である部下・後輩の問題点を洗い出しました。分かりやすくするためにまずは箇条書きで!!!

 

・言うだけになっている
・報告する人と話したくない
・タイミングを逃した
・アドバイスや修正がいやだ
・言いたくない理由がある
・まとまっていない
・自己判断している

 

等が考えられます。

 

解決策

 

ここからは一つ一つ、僕が考える解決策を書いていきます。

 

“言うだけになっている”
「報・連・相」が機能しない一番の理由だと思います。「報・連・相」はプレゼンテーションです。伝える相手に理解してもらい、納得してもらう必要があります。「言う事」ではなく「伝える事」、これを意識しましょう。

 

“報告する人と話したくない”
⇒上司、先輩のことが嫌いな場合ですね。人は少なからず”好き嫌い”はあります。しかし、「報・連・相」がないと仕事になりません。好きになれとは言いません。仕事と割り切って接してください。そして、仲のいい人よりも細かく「報・連・相」してください。

 

“タイミングを逃した”
⇒上司が忙しそうにしている、出かけている。報告しようと思ったら他の仕事が入ってきて忘れてしまった。こういった理由でタイミングを逃すことってすごく多いと思います。報告や連絡はタイミングを逃すと忘れがちになるので、「タイミングを逃しそう」、「忘れそう」だと感じた時にはすぐにメールやSNSでメッセージを送りましょう。

 

“アドバイスや修正がいやだ”
⇒人に色々と言われるのは嫌ですね。僕も嫌です。誰もがやっていることが間違っていないと思って仕事をします。しかし、残念ながら完璧だと思っているのは自分だけです。人は誰でもミスも失敗もしますし、そして何より上司・先輩の方が事例と結果をもっています。そのことを理解し、成功に導く最善の策は「報・連・相」と信じましょう。ちなみにしっかり者や完璧主義者に多いパターンです。

 

“言いたくない理由がある”
⇒自分のミスが原因でトラブルを起こした時等、報告したくない事って結構あるとおもいます。僕もそうでした。ついつい誤魔化したり、言わなかったりって事がありました。しかし、そういった時は後々大きなトラブルになるんですよね。そういった時ほど勇気を出して、正直に物事を伝えましょう。自分に都合の悪い、言いたくないことを言える人は、上司から信頼されるはずです。

 

“まとまっていない”
⇒伝えたいことがまとまらない状態で上司・先輩に伝えても良いことはありません。そういった時は、無理に言葉で伝えようとせず文章にまとめましょう。文章にするのは時間がかかる、すぐに伝えなければならない場合は、結論のみ簡単に伝え、「まとまってないから後日お伝えします」と言いましょう。

 

“自己判断している”
⇒「こんなことは上司に報告しなくてもいいや!」「こんな些細なことまで報告すると“仕事ができない人だ”と思われるではないか?」多くの人が新人や若手の時にこう思ったのではないでしょうか。しかし、実務経験が少ない段階で自己判断すると事故につながります。なぜならば、知識も事例も結果も少ないから。。。事例と結果の量により自己判断が正しいかどうかが変わってきます。新人の時にはどんなことでも構わないので細かく「報・連・相」するようにしましょう。

 

いかがでしょうか?

 

組織にとって必要不可欠である「報・連・相」。貴方はどういった時、出来ていないでしょうか?

 

次回は、伝えられる側!!「報・連・相ができない理由(上司、先輩の問題)」についてフォーカスしていきます!!

 

 

STAYUP横浜

 

  • 住所:神奈川県横浜市神奈川区栄町5-1 横浜クリエーションスクエア14階
  • 電話番号:0120-881-778
  • アクセス:横浜駅徒歩6分
  • 営業時間:月-金曜日9:00〜20:00
  • 休日:土日祝
  • サービス例:wi-fi無料/電源あり/ドリンク飲み放題

 


>メールでのお問い合わせはこちらから<


※お電話でのお問い合わせも受け付けております。
お急ぎの場合はお電話の方がスムーズにご案内できます。

Scroll