Blog新着情報

お客様のお声 2021.02.10

株式会社kainalu

「STAYUPに入って一番良かった事は?」

 

名前: 鳥羽 僚介

社名: 株式会社kainalu

役職: ゼネラルマネジャー

業種: 医療・介護・古物商等

H P : https://www.kainalu.top/

 

コワーキング・シェアオフィスを探したきっかけ

 

社員数が増加し、各店舗の狭さが気になっていました。空間の人口密度が高くなると、ストレスの増加はもちろん、感染症対策にも懸念が生じます。店舗のスペースを広げるため、管理職の引っ越しを検討したことと、交通アクセスの良い場所で取引先や求職者様の利便性も考え、シェアオフィスを探しました。

 

自宅or事務所を借りてという選択しは無かったのでしょうか?

 

当初、店舗のスペースを広げるために、アパートの一室を借りて管理職の仕事場としておりました。アパートの一室で採用面接や仕事を行っておりましたが、会社の先進的な取り組みと、アパートの一室という印象の差異が大きく、ブランドイメージの構築に大きな障害がありました。また、弊社では働く環境を心理学を用いた設計で調整しており、心理的ストレスの軽減やコミュニケーション機会の量を意図的にコントロールしております。心理学を用いた環境設定が行い辛いので、自宅での仕事という選択肢はありませんでした。また、管理職の人数が少ない中で事務所を借りると、人の出入りが少なくなることから閉鎖的空間となり、仕事中の心理的負荷が大きくなるため検討から外れていました。

 

内覧時にはどのようなことを重視して見られましたか?

 

席の配置や動線レイアウトを含めた空間デザインを第一に重視しました。弊社では、求職者様の採用面接や従業員の研修でも用いるため、様々なパターンの心理的作用を用いることができる空間レイアウトになっているのか、ある程度柔軟な利用方法が可能であるのかという点は特に重視しました。

 

契約に至った決めては?

 

ぽりしー(文化)重視のコミュニティ作りを行っており、弊社のマインドと似ているのだろうなと考え、親しみを感じたため契約を決めました。

 

実際に使ってみてどうですか?

 

大変過ごしやすく活用させていただいております。
仕事後の疲労感が半分くらいになったのではないかと思えるほどです(笑)
椅子やテーブル等も人間工学を基にした設計を行っているであろう物が多く、心身共に疲労知らずで仕事できます。
また、来客時の印象も大変良く、弊社のブランドイメージ構築にも大変活用出来ております。