STAYUP情報 スタッフ温子の独り言 利用者様のご紹介

ご利用者様紹介”浅数興産有限会社 minoaka”様

みなさんこんにちは!スタッフの温子です✨

今日はSTAYUPのご利用者様である”浅数興産有限会社 minoaka”様のご紹介です🌼

代表者の村上さんは月に2回ほど、みなさまに喜んでいただけるキット作成のためSTAYUPでミーティングを行っています★


プロフィール

浅数興産有限会社 minoaka
村上 紀子

2014年より広島県で入浴・食事のない半日型の地域密着型デイサービス、居宅介護支援事業所、訪問介護事業所を順次立ち上げ。
かつては結婚情報サービスにて結婚アドバイザーとして、婚活のアドバイスや効果的なサービス利用方法などの相談業務に従事。
その後、医療・介護情報サービスのベンチャー企業へ転職し、転職コンサルタントとして主に看護師やドクターの転職活動をサポートしながら独身の女性から育児、介護などとの両立しながら働けるよう就業のアドバイスを行う。


minoakaについて


minoakaは、サポートの必要な方でも楽しめる「ケア向けクラフトキット」のブランドです。自己選択 ・自己決定 ・役割を担うをコンセプトにクラフトキットを提供しています。


実際に村上さんが運営するリハビリデイサロン満天のレクリエーションの中でも、「手芸」は利用者様からの需要も高く、手先の作業などで脳機能の活性化も期待できる代表的なジャンルです。


しかし、介護職員の方は介護のプロであっても手芸のプロではないので、時間がない中で用意した手芸レクリエーションの作品はどうしてもクオリティが低く、作っていただいても利用者さまの役に立っているのか分からないようなものも少なくないそうです。


手芸のニーズを認識していた村上さんはプロの先生をお呼びしました。これにより技術的な課題が解消し、先生ご自身の教室で制作されているものを取り入れたのでデザインも素敵なものが増えました。

ところが、すぐに手芸の先生を手配できる施設は多くなくコロナ禍で外部の人を施設に入れることが難しいという根本的な問題も発生しました。


全てを解決するため1年の歳月をかけて生み出されたのが「minoaka」です。

利用者様も施設職員の方も制作することそのものが楽しくなり、家族も喜ぶようなクラフトキットを作れないかという思いから生まれました。

材料や作業手順が明確なキットがあれば、講師の先生に来てもらう必要もなくなり介護職員の方の準備時間も短くなります。


 

minoaka商品の3つのポイント


自己選択

minoakaの商品は、1種類のクラフトキットに必ず、色違いやデザイン違いをご用意しています。これは、まずご自分でどのキットを制作するか?を選んでいただく事が大切だと 考えているからです。


自己決定

minoakaでは、皆様が同じものを作るのではなく、ご自分や完成させた後差し上げたいと思っている方に「どれが似合うかな?」と考えて頂き決める事も、自己表現のひとつと考えています。


役割を担う

minoakaのクラフトキットは、ご利用者様だけでなくスタッフやご家族様も欲しいと思えるデザイン。誰かから作って欲しいと言われる事=役割が、ご利用者様を元気にし、リハビリへの意欲を刺激します。


minoakaのキットはこんな方におすすめ


  • 手芸レクの準備のために介護スタッフの残業が発生している
  • スタッフがレクリエーションの担当を嫌がり、誰もやってくれない
  • ご利用者様の作品をご自宅に持ち帰っても、ご家族からいらないとクレームが来る
  • なんとなくレクリエーションは行っているが、他の施設と差別化できていない
  • レクリエーションで何か制作をしたくても、ネタがない
  • 手芸レクに必要な材料をどこで揃えればいいか分からない



ケアキット開発について


アクセサリーキット、フラワーアレンジメントキット、インド刺繍リボンキットなど専門の担当者、ケアキットディレクターなど様々な方が携わっています。

また、minoakaのクラフトキットは訪問看護リハビリステーション 「ひなた庚午」の作業療法士・高杉亮先生から推奨コメントを頂いています。


minoakaのクラフトキットは、制作工程が分かりやすく、ご自分でも工夫でき、バリエーションに富んだ作品ができることが魅力です。 minoakaの様々なクラフトを活用し、

・脳の活性化

・手指巧緻性

・手と目の協調性

・視空間認知

・手指の把握力 など

様々な機能の改善が期待できます。 ちょっとしたサポートで、ケアの必要な方も創作を楽しむ事ができるようアレンジされています。 ぜひ、医療・介護サービスの現場やご家庭で取り入れてみてください。



minoakaの願い


「私が気に入ったので、母にひとつ追加でのクラフトを作って持ち帰らせて欲しい」というご家族からのご要望や、「孫が欲しいと言うから、色違いをもう一つ作りたい!」というご利用者様のご希望を頂けるようなデザインにこだわっています。

ご利用者様とスタッフという垣根を越えて皆様ごいっしょにハンドメイドをお楽しみください。



さらに様々な方にその試みを広めるために


実際にクラフトキットを作成したご利用者様からのお声を聞いて、2、3日でゴミ箱の中に消えてしまうようなものではなく大人が大人として大切にできるクオリティの高いものを提供すること。その大切さを実感した村上さん。

何よりも実際に目の前で制作をされている利用者さんたちは、間違いなくイキイキと輝いていらっしゃり誰もが敬遠していたレクリエーションのネガティブなイメージはそこには全くありません。

こんなに素敵なレクリエーションを生み出すクラフトキットを日本中の介護施設で広めたい!という思いが強くなりました。


minoakaは「レクリエーションに改革を!レクレボ!施設のレクリエーションのあり方を変えたい!!」をテーマにクラウドファンディングを行っています。

国内最大のクラウドファンディング”CAMPFIRE”でGoodmorningという社会問題解決に特化したページにて掲載されています。

また、リターンとしてケア用クラフトキット提供の他、minoakaのHPに支援者の名前を掲載していただけます。


 

リンク先


Instagramはこちら

Twitterはちら


facebookはこちら



■STAYUP横浜■

住所:〒221-0052 神奈川県横浜市神奈川区栄町5-1 横浜クリエーションスクエア14F

電話番号:0120-881-778

アクセス:横浜駅きた東口より徒歩6分

有人営業:月-金 8:30-18:00

無人営業:土日祝

サービス例:Wi-Fi無料/全席電源有/フリードリンク


メールでのお問い合わせはこちらから


お電話でのお問い合わせも受け付けております。

お急ぎの場合はお電話の方がスムーズにご案内できます。

-STAYUP情報, スタッフ温子の独り言, 利用者様のご紹介

© 2022 コワーキングスペース・シェアオフィスのSTAYUP | 開放感抜群のデザイナーズオフィス