STAYUP情報 お役立ち情報

【2022年最新】横浜のバーチャルオフィス「相場」はいくら?全7施設を紹介

横浜の住所を使って事業を起こしたいときは、バーチャルオフィスを利用するのも選択肢のひとつです。バーチャルオフィスの住所貸し出しサービスなら、お手頃な料金相場で自宅以外の住所を法人登記することができます。


とはいえ、バーチャルオフィスの料金相場が気になる方も少なくないでしょう。


この記事では、横浜にあるバーチャルオフィスのおすすめ施設7選を、それぞれの料金相場を交えてご紹介します。横浜市内で利用できるバーチャルオフィスをお探しの方は、ぜひご参照ください。


バーチャルオフィスとは仮想の事務所



バーチャルオフィスとは、文字通り仮想の事務所を指します。”住所のみ”を貸し出すサービスで、「法人登記で使用する住所に自宅以外の場所を登録したい」などのニーズを満たせるのが特長です。


多くのバーチャルオフィスには、仕事を行うスペースがありません。コワーキングスペースとは異なるため、仕事場は各自で確保する必要があります。ただし、バーチャルオフィスを提供している事業者は、レンタルオフィス等のサービスも併せて提供している場合が多くなっています。


近年では、会社設立時にかかるオフィスを構えるための初期費用が抑えられるメリットから、バーチャルオフィスの人気が高まっています。


運営会社によりますが、バーチャルオフィスで利用できるサービスの一例は以下の通りです。


  • 電話番号や郵便物の受け取り
  • 郵便物の転送
  • 会議室などが利用
  • 住所貸や法人登記の代行


運営会社によっては、追加プランが提供されているケースもあります。ここでは、バーチャルオフィスの代表的なサービスについてご紹介します。


電話番号や郵便物の受け取り


運営会社によるものの、バーチャルオフィスでは電話番号の利用や郵便物の受け取りが可能です。クライアントからバーチャルオフィスへ電話が掛かってきたら、自動的に自分の携帯電話まで転送してもらえます。


また、スタッフが在席するオフィスなら、バーチャルオフィスの住所に届いた荷物を無料で自宅に転送してくれるサービスまであります。


自宅の住所や電話番号の公開といったリスクも、バーチャルオフィスを利用すれば最小限に抑えられるのがメリットです。


ただし、無人のバーチャルオフィスでは転送サービスが使えない可能性もあるので注意しましょう。あらゆるリスクを最小限にするなら、担当スタッフが有人対応してくれるバーチャルオフィスの選定がベストです。


会議室などが利用可能


バーチャルオフィスのなかには、会議室などが開放されているオフィスもあります。基本的には共有スペースで、事前予約により会議室の利用が可能になる仕組みです。


コワーキングスペースとは少し違うものの、来客対応やミーティングといったオフィスとしての機能性を果たせるため、バーチャルオフィスを探すときはそれらのオプションをカバーしているか料金等の確認をおすすめします。


横浜にあるバーチャルオフィスの利用料金相場



横浜にあるバーチャルオフィスの利用料金相場は「3,800円~数万円」と、価格に大きな開きが見られます。バーチャルオフィスの利用料金には2つの料金制度が用意されているため、以下のプランに応じて料金相場が変わる傾向にあります。


  • 定額料金制
  • 従量課金制


定額料金制とは、バーチャルオフィスの基本料金にすべてのサービスが入っているプランです。一方で従量課金制とは、基本料金に加えて必要なサービスにその都度支払いをプラスするプランです。


定額料金制は最初からサービスが含まれており、契約後すぐにビジネスを始められます。しかし、従量課金制よりも初期費用やランニングコストが高くなる点に注意が必要です。


一方、従量課金制は初期費用を抑えられるほか、自分に合わせたプランを取捨選択できる点がメリットです。


横浜のバーチャルオフィスを探すときは、どのような料金制度を設けているか、各サービスの特徴を把握しておきましょう。


STAYUP横浜



施設名STAYUP横浜
住所神奈川県横浜市神奈川区堺町5-1横浜クリエーションスクエア14階
法人登記可能
料金スタンダード月額4,950円
→郵便受け取り、転送可能。電話番号開設可能、ワークスペース、会議室利用可能(有料)
リッチ月額9,350円
→郵便受け取り、転送可能。電話番号開設可能、ワークスペース利用可能(月1回無料)、会議室利用可能(月3時間まで無料)
プレミアム月額12,980円
→郵便受け取り、無料転送可能。電話番号開設可能、ワークスペース利用可能(月4回無料)、会議室利用可能(月3時間まで無料)
電話番号0120-881-778


STAYUP横浜は横浜駅きた東口より徒歩約6分の場所にあるバーチャルオフィスです。プランによっては、バーチャルオフィス以外にワークスペースや会議室まで利用できます。月々定額コストから、高品質なサービスを受けたい方には最適です。


法人登記のみの利用なら、月額4,950円からで利用できます可能です。初期費用がかからないバーチャルオフィスのため、起業にかかる費用相場を最小限に抑えたい方にもおすすめです。


横浜駅から近いバーチャルオフィスのため、駅チカの住所が欲しい方はフリーダイヤル(0120-881-778)からぜひご連絡ください。


横浜アントレサロン



施設名横浜アントレサロン
住所神奈川県横浜市西区北幸1丁目11番1号水信ビル7階
法人登記可能
料金月額3,800円
→法人登記、初期費用0円、受付スタッフ常駐、郵便転送(月2000円)、電話転送(月1,000円)
電話番号045−316-1366


横浜アントレサロンは横浜駅から徒歩4分の場所にあるバーチャルオフィスです。横浜アントレサロンには常駐のスタッフがおり、予期せぬ来客も安心できます。初期費用も0円で、バーチャルオフィスを利用するための料金相場より、安価に抑えられる点もメリットです。


また、コワーキングスペースとしても利用が可能です。バーチャルオフィスの月額3,800円には、法人登記・受付対応・郵便物の受け取りが含まれています。


ワンストップビジネスセンター横浜



施設名ワンストップビジネスセンター横浜
住所神奈川県横浜市西区高島2丁目11-2スカイメナー横浜内
法人登記可能
料金初期費用 月額10,780円
スタンダードプラン
月額5,280円→法人登記、郵便物転送、会議室利用可能(1時間1,100円)
ビジネスプラン
月額9,790円→法人登記、郵便物転送、会議室利用可能(1時間1,100円)電話転送、FAX転送
プレミアムプラン
月額16,280円→法人登記、郵便物転送、会議室利用可能(1時間1,100円)電話転送、電話秘書代行、FAX転送
エグゼクティブプラン
月額54,780円→全てのサービスを利用することが可能
電話番号045-900-2540


ワンストップビジネスセンター横浜は横浜駅から徒歩3分の場所にあるバーチャルオフィスです。法人登記を基本としたエコノミープランから、電話秘書代行サービスまで含まれるプレミアムプランなどビジネスサポートの全般をサポートするエグゼクティブプランまでさまざまなプランが用意されていあります。



また、事業経歴が長く、今後も継続して利用できる可能性が高いのもメリットのひとつと考えられます。

バーチャルオフィスの入っている物件もビジネスイメージが強い住所で、メンテナンスが行き届いている高級物件な点も特徴です。


まちなかbizあおば



施設名まちなかbizあおば
住所神奈川県横浜市青葉区美しが丘1丁目13番地10 吉村ビル
法人登記可能
料金応援プラン 月額2,310円
→住所利用、打ち合わせコーナー500円/12時間、フリーデスク500円/3時間1日
ライトプラン 月額5,500円
→法人登記、住所利用、打ち合わせコーナー500円/2時間、フリーデスク500円/1日
スタンダードプラン 月額16,280円
→法人登記、住所利用、打ち合わせコーナー500円/2時間、フリースペース無料利用可能
プレミアムプラン 月額49,500円
→相談、販促物制作、広告・PR、事務サポート
電話番号045-482-4385


まちなかbizあおばは、横浜市青葉区にあるバーチャルオフィスです。まちなかbizあおばは、商店街やたまプラーザ駅の近くという立地を活かし、地域と繋がるイベントを開催しているのが特徴です。


本来、バーチャルオフィスの利用者は住所を登録する目的がメインのため利用者同士との接点はほとんどありません。一方で、まちなかbizあおばでは利用者のコミュニティ作成に力を入れており、交流も盛んです。そのような背景から、ビジネス仲間を作る目的として利用されるケースも少なくありません。


Karigoバーチャルオフィス横浜



施設名karigoバーチャルオフィス横浜
住所神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢
法人登記可能
料金ホワイトプラン
入会金5,500円月額5,500円→法人登記、荷物受け取り
ブループラン
入会金11,000円月額11,000円→法人登記、荷物受け取り、転送電話
オレンジプラン
入会金19,800円月額16,500円→法人登記、荷物受け取り、電話代行
電話番号03-3546-8801


Karigoバーチャルオフィス横浜は、人気エリアの横浜みなとみらい地区にあります。利用者のニーズに合わせてプランが34つ用意されており、望むサービスを取捨選択しやすくなっています。


横浜でもっとも歴史のあるバーチャルオフィスのため信頼性も高く、安心して利用しやすいのもメリットのひとつです。住所貸代のみのプランなら、月額3,30150円と通常の相場よりもコストを抑えて利用できます。


横浜ビジネスポート



施設名横浜ビジネスポート
住所神奈川県横浜市中区日本大通7日本大通7ビル4F
法人登記可能
料金シンプルプラン月額5,000円
→法人登記、受付・秘書サービス、シェアオフィス利用(200円/30分)
スタンダードプラン月額12,000円
→法人登記、受付・秘書サービス、シェアオフィス利用(月30時間無料)、郵送、電話番号取得・転送可能
ビジネスプラン月額17,500円
→法人登記、受付・秘書サービス、シェアオフィス利用(無制限前日利用可能)、郵送、電話番号取得・転送可能、専用ポスト、重要書類の転送
電話番号045-227-4230


横浜ビジネスポートは日本大通り駅から徒歩1分の場所にあるバーチャルオフィスです。横浜ビジネスポートは受付・秘書サービスも利用でき、上質な受付対応をしてもらえます。。さらに、プランが細かく分けられているため、利用者の事業規模や経済状況に合わせて料金相場プランを選べるのもポイントです。


起業支援も行なっており、起業1年目の方には特におすすめのバーチャルオフィスといえます。施設内の会議室も、平日に限り通常料金相場から25%OFFで利用できるため、来客対応や会議を行えるのも特徴です。


THE HUB 横浜WEST



施設名TH HUB 横浜 WEST
住所神奈川県横浜市中区桜木町2-2 港陽ビル3F・4F
法人登記可能
料金入会金11,000円年会費22,000円
月額3,850円
→法人登記、無料WiFi、セキュリティ、その他有料サービス有り
電話番号03-5213-0477


THE HUB 横浜WESTは三沢下町駅から徒歩11分の場所にあるコワーキングスペースです。バーチャルオフィスとしては法人登記やセキュリティ対策まで幅広く利用できます。別料金で、横浜以外のTHE HUBワークスペースも利用可能です。


さらに、会社設立代行やホームページ制作も行なっているのもひとつのポイント。起業に必要なモノを手に入れられるのも嬉しいサービスといえます。


横浜でバーチャルオフィスを利用しよう!


今回は横浜でおすすめのバーチャルオフィスを料金相場と共にご紹介しました。オフィス住所を横浜駅周辺にすれば、信用度も確保しやすく、取引先からの心象が良くなるメリットも期待できます。


コストを抑えて起業などを考えている方は、ぜひこの機会にバーチャルオフィスの利用をご一考ください。


STAYUP横浜では、電話番号開設サービスを期間限定で無料実施しています。全プラン対象になっているため、お悩みの方はフリーダイヤル(0120-881-778)までお気軽にご連絡ください!


■STAYUP横浜■住所:〒221-0052 神奈川県横浜市神奈川区栄町5-1 横浜クリエーションスクエア14F

電話番号:0120-881-778

アクセス:横浜駅きた東口より徒歩6分

有人営業:月-金 8:30-18:00

無人営業:土日祝

サービス例:Wi-Fi無料/全席電源有/フリードリンク


メールでのお問い合わせはこちらから


お電話でのお問い合わせも受け付けております。

お急ぎの場合はお電話の方がスムーズにご案内できます。

-STAYUP情報, お役立ち情報

© 2023 コワーキングスペース・シェアオフィスのSTAYUP | 開放感抜群のデザイナーズオフィス