受付 : 平日9:00〜18:00 /土日祝休

Blog新着情報

オフィス選び 2020.02.07

【徹底比較】レンタルオフィスとバーチャルオフィスの違いとは?

「レンタルオフィスとバーチャルオフィス、どっちが自分に向いているか分からない」

「自宅をオフィスにするのは抵抗がある」

個人で起業したり、個人事業主として働き始めると誰しも一度は悩みます。

 

本記事では、

・個人、少人数で起業したばかり
・個人事業主になったばかり
・フリーランスとして働き始めた

こんな方に向けて、レンタルオフィスとバーチャルオフィスの違いやメリットデメリットをお伝えします。

 

 

【結論】レンタルオフィスとバーチャルオフィスはどっちが良いか

 

まずは気になる結論からお伝えします。

レンタルオフィスとバーチャルオフィスは似ているようで、大きく違う点があるんです。

あなたが何を重視するかでレンタルオフィスとバーチャルオフィスのどちらを選ぶか決まります。

 

・作業スペースが欲しいなら⇒レンタルオフィス
・登記住所だけ欲しいなら⇒バーチャルオフィス

 

上記2点が大きな違いで、各オフィス最大の特徴です。

 

 

レンタルオフィスとは?

 

 

レンタルオフィスはすでに机やイスなど設備が整った事務所を借ります。

フリーランスなど個人で働くスタイルが一般的になってきたことに伴い、レンタルオフィスという言葉もより浸透しました。

個人の経営者だけでなく、会社員のテレワーク先だったり、個人といった様々な人が利用しています。

 

オフィスなので、個別の専用スペースを使うことができます。作業をするだけでなく、私物を置いておくことも可能です。

ほとんどのレンタルオフィスでは個室スペースを用意していますが、半個室だったり共有スペースを併設している場所もあります。

 

基本的にはスタッフが常駐しており、他の利用者もいる空間です。ずっとひとりで仕事をしていると、息詰まったりはかどらないことが多いですよね。

 

レンタルオフィスのメリット・デメリットをまとめてみました。

 

 

レンタルオフィスの利用料金・初期費用

 

料金
初期費用 10,000円~
月額料金 85,000円~(個室)
オプション費用 0円~

 

レンタルオフィスの利用料金・初期費用の早見表です。

当社もある横浜駅周辺のオフィスをまとめてみました。

 

注意点として、

 

・専用個室か半個室かで料金が変わる

・郵便物受け取りや専用ロッカーは基本的に有料になる

 

といったことがあります。

 

起業したばかりだとなおさら、費用はおさえたいものです。オプションの有無と料金はレンタルオフィスによって変わるので、契約間に前に問い合わせて確認しておくと安心ですよ。

 

 

レンタルオフィスのメリット・デメリットを比較

 

メリット デメリット
・専用の個別スペースで作業ができる
・主要駅の近くにあり、アクセスが良い
・備品や設備が用意されている
・登記、固定電話利用ができる
・秘書、代行業務が利用できる
・来客者が多いと対応が難しい
・利用時間が決まっている
・不特定多数の人が出入りするため私物管理が必要
・ネットワークは他人と共有している
・世間的に信用力が低い

特徴をまとめました。詳しく解説しますね。

 

 

レンタルオフィスのメリット・特徴

 

作業ができる個別スペースを持てるのがレンタルオフィスの最大の特徴です。

自宅兼事務所ですと、仕事がはかどらない場合もあります。その点、個別スペースとはいえスタッフをはじめ様々な人が利用するレンタルオフィスは集中しやすい環境です。

 

さらに、備品や設備など仕事に必要な環境は一通りそろっているのも注目したいメリットです。

自宅で作業となると、机・イス・文房具など必要なものを集めないといけません。イスや机も使いやすいものとなると値段も高いです。

 

レンタルオフィスはその点、疲れにくい机やイスをあらかじめ備えているところが多いです。当レンタルオフィスもその一つですが、エルゴヒューマンなど有名ブランドのイスを用意しています。

 

 

レンタルオフィスのデメリット・注意点

 

来客者が多い職業ですと対応が難しい場合があります。また、レンタルオフィスは不特定多数の人が出入りしますので、貴重品や書類の管理にも注意を払わなければなりません。

 

また、スペース以外にもネットワーク環境も共有しています。情報管理にも気を付けておく必要があります。個別でポケットWi-Fiなど持っておけば解決できるかと思います。

 

 

バーチャルオフィスとは?

 

バーチャルオフィスは登記用の住所を取得するためのオフィスです。

つまり、作業ができるスペースや荷物を置いておくスペースなどはありません。

 

名刺やホームページに自宅住所を掲載することに抵抗のある方がバーチャルオフィスで住所を登記する場合が多いです。

実際にオフィスとしては利用しないので、仕事をする場所は他に用意しなければなりません。

 

 

バーチャルオフィスの利用料金・初期費用

 

料金
初期費用 10,000円~
月額料金 5,000円~
オプション費用 0円~

 

横浜駅付近にあるバーチャルオフィスの初期費用・月額料金をまとめました。目安としてご覧ください。

 

バーチャルオフィスには、

 

・郵便物転送サービス(私書箱)
・電話対応

 

といったサービスを用意しているところもあります。

 

自宅住所を登記すると、ダイレクトメールや郵便物が届くことも多いです。同時に、税金関係など重要書類も届きます。会社と私用の郵便物・宅配便を分けるために、バーチャルオフィスを活用するのも良いですね。

 

 

バーチャルオフィスのメリット・デメリットを比較

 

メリット デメリット
・自宅から遠い場所、都心の住所登記ができる(世間的に信用力も高い)
・自宅、カフェなど仕事場所は自由
・初期費用がレンタルオフィスよりも低い
・士業は登記ができない
・作業スペースはない
・来客対応場所は自分で探さなければならない

 

 

バーチャルオフィスのメリット・特徴

 

バーチャルオフィスは一等地の住所を登記できるので会社のブランディングにもなります。東京23区内の住所が欲しいため、あえてバーチャルオフィスを利用するという方もいらっしゃいます。

 

作業スペースはないので仕事場所を選ばないため、カフェや自宅などその日の予定に合わせて仕事場を決められます。自由に仕事をしたい方にとってはメリットになりますね。

 

また、初期費用が低いというのも起業したばかりの方にとっては大きなポイントです。レンタルオフィスや賃貸オフィスといった作業スペースを借りると、どうしても初期費用が高くなります。

 

 

バーチャルオフィスのデメリット・注意点

 

住所を借りるためだけの場所ですので、作業スペースがありません。ともなって、来客対応をする場所もありません。名刺に住所は載せても、打ち合わせ場所は毎回カフェや貸し会議室を提案する必要があります。

 

また、会計士や税理士など士業の方はバーチャルオフィスでは開業できませんので、注意してください。登記ではなく、書類の郵送や転送だけでの利用はできますよ。

 

レンタルオフィスとバーチャルオフィスを徹底比較!

 

レンタルオフィスとバーチャルオフィスを比較してみます。

 

ご自身の職業や仕事と照らし合わせて読んでみてください。

 

レンタルオフィス、バーチャルオフィスに向く職業

 

レンタルオフィス バーチャルオフィス
・士業(会計士、税理士など)
・WEB関連(ライター、SE、ネットショップ運営など)
・クリエイター(フォトグラファー、デザイナーなど)
・電話営業、テレアポ
・コンサル、カウンセリング
・人材(採用面接や面談として)
・WEB関連
・クリエイター
・コンサル

 

レンタルオフィスは作業スペースがあるため、基本的にはどんな職業の方でも仕事ができます。当社のレンタルオフィスでも、様々な職業の方がいらっしゃいます。WEB関連が多いですが、士業や人材など幅広いです。

 

ただ、小売店や販売業など実店舗・倉庫を必要とする職業の方にはおすすめできません。社外に漏れてはいけない情報を扱っている方も、レンタルオフィスの利用は避けた方が安全です。

 

バーチャルオフィスは住所登記だけですので、作業スペースが他にある方に向いています。例えば、ネット通販や物販をしている方は一等地の住所だけ借り、倉庫は別の場所に置いておくこともできます。

 

他にも、例えばエンジニアやコンサル業だと重要情報や書類を扱うため、自宅で作業をするという方もいます。

 

 

まとめ

 

レンタルオフィス、バーチャルオフィスは大きな違いと特徴があります。

 

・作業スペースが欲しいなら⇒レンタルオフィス
・登記住所だけ欲しいなら⇒バーチャルオフィス

 

上記の2点でどちらを利用するか判断できますよ。

 

当社はレンタルオフィス以外に、バーチャルオフィスでのご利用も可能です。実際に、レンタルオフィスとして専用個室とロッカーを借りて毎日いらっしゃっている方もいます。

 

また、横浜駅付近のオフィス街にあるため一等地の住所で登記することもでききます。起業したばかりでコストはかけず、信用力の高い住所を持ちたい方はぜひお問い合わせください。

 

バーチャルオフィスは見学せずとも契約していただいて大丈夫です。

 

STAYUP横浜の詳細

  • 住所:神奈川県横浜市神奈川区栄町5-1 横浜クリエーションスクエア14階
  • 電話番号:0120-881-778
  • アクセス:横浜駅徒歩6分
  • 営業時間:月-金曜日9:00〜20:00
  • 休日:土日祝
  • レンタルオフィス(個室):85,000円~/月
  • サービス例:wi-fi無料/電源あり/ドリンク飲み放題/

>ご相談・ご予約はこちらからお申し込みください

 

※お電話でのお問い合わせも受け付けております。
お急ぎの場合はお電話の方がスムーズにご案内できます。

Scroll