スタッフブログ スタッフ上田の独り言

サービスオフィス(シェアオフィス)を創った理由

はじめに

 
サービスオフィス「STAYUP横浜」責任者の上田です。
 
はじめに自己紹介をすると、私は当オフィスの責任者を務める傍ら、ホワイト企業大賞を受賞した特例子会社、リベラル株式会社の創立者兼常務取締役を務めており、その他にも一般社団法人や社会福祉法人の理事を兼任。流通経済大学の講師として教鞭も執っています。
 
今後は、自分の専門である 組織論・マネジメント を中心にブログを書いていきたいと思います。
 
ただ第一回目はどうしても書きたい
「なぜシェアオフィスを創ったのか、創りたかったのか?」
について書かせてください。
 

サービスオフィス(シェアオフィス)を作った理由

 
ずっと前から感じていることですが、ビジネス上で人と関わっている時、仕事っていい意味でも、悪い意味でも、「割り切りすぎ」だと感じるんです。
こんなに割り切って考えて楽しい?
仕事だから仕方ない?
って本気で感じる事が多々あります。
仕事で全力を見せるのが恥ずかしい、真正面からぶつかる事例が少ない現代だからこそ、私自身が障害者から学んだ「すばらしい働き方」を、より多くの人たちに伝えたいと思いました。
 
なぜなら設立前の企画から携わり、現在も取締役として経営している、リベラル株式会社(https://www.riberal.co.jp/)では、全従業員の7割が知的障害を持った人なんです。



知的障害を持っている人たちは戦力にならない、義務で雇用しているんでしょ?と思われる方もいるかと思いますが、リベラルの知的の障害を持っている従業員(うちの子たちと呼んでいるので今後は「うちの子」と呼びますね)の働き方はマジ凄いんです。
 
何が凄いかというと、、、
毎日、真剣な目で本当に楽しそうに働いているんです。
 
なぜそこまで情熱的に働けるのか?
 
うちの子たちは
「仕事の報酬とは、人に必要とされること、役に立つこと、褒められること」
だと分かっているんだと思います。



うちの子たちは、限られた範囲の中で全力を出すことを知っています。
うちの子たちは、報酬は想いを込めて努力することで得られることを知っています。

だからこそ、うちの子の手にかかると商品や作業は「作品」となり、多くの人たちに喜ばれ、必要とされるのです。

つまり働き方が差別化を生み、必要とされる人財を生み、企業や個人に利益をもたらすと信じています。



この働き方を世の中に拡大したい。
仕事の報酬=お金という考えだけではない。

思いは日々強くなり、拡げ浸透させるにはどうしたらいいか?講演だけで拡がるか?いいやちがう!!コミュニティースペースを創って利用者の事業に密接に関わり、時間と経験を共有することで拡めようと思ったのが、STAYUP横浜を作ったきっかけです。
 

STAYUP横浜

 
STAYUP横浜では、利用者にヒト、モノ、カネだけではない、留まる事(STAYすること)で心がUPしてもらうことを求めております。
 
心がUPすることでヒト、モノ、カネにも心が宿った結果「作品」が創られ、やるべきことだけではない、やりたいことができる環境を必ずや掴む事ができるでしょう。
 
まだ他にもSTAYUP横浜を作った理由があるのですが、それはまたの機会に^^
 
では来週も忘れずに書かなければ、、、
自分で決めたやるべきことがいずれ楽しくなる日を信じて!!!
ただ声高に叫ぶだけではなく、必ずやこの哲学を行動を持って拡めていきます。



あなたも是非気軽にSTAYUPに遊びに来てください。
きっと世界が変わると思います。



■STAYUP横浜■

住所:〒221-0052 神奈川県横浜市神奈川区栄町5-1 横浜クリエーションスクエア14F

電話番号:0120-881-778

アクセス:横浜駅きた東口より徒歩6分

有人営業:月-金 8:30-18:00

無人営業:土日祝

サービス例:Wi-Fi無料/全席電源有/フリードリンク


メールでのお問い合わせはこちらから


お電話でのお問い合わせも受け付けております。

お急ぎの場合はお電話の方がスムーズにご案内できます。

-スタッフブログ, スタッフ上田の独り言

© 2022 コワーキングスペース・シェアオフィスのSTAYUP | 開放感抜群のデザイナーズオフィス